2016年12月04日

安房(千葉県)


安房の参拝神社へのリンク
・州崎神社(館山市)
・安房神社(館山市)



P5020325.jpgP5020398.jpg
房総半島の南端で車中泊し朝日を見ようと思いましたが、残念ながら薄曇りで太陽は顔を見せませんでした。左は海岸線に綺麗に整列した釣り人の列です。朝早くから多くの人に驚きました。右は房総半島西端の州崎灯台です。東京湾東端の目印だそうです。

州崎パノラマ8.jpg
州崎灯台の360度のパノラマです。




・州崎神社
・旧社格:県社・名神大
・安房国一宮
・参拝日:2016年5月2日

千葉県館山市の南の岬にある州崎神社は、東京湾の出入口を見下ろす場所であることから、古来より漁業神、航海神でした。安房の国は四国の阿波の国を開いた忌部(いんべ)の一族が東国ヘ進出して作った国で、御祭神の天比理乃当ス(あめのひりのめのみこと)は、忌部一族の祖神天太玉命(あめのふとだまのみこと)の后神です。標高110mの御手洗山中腹に鎮座し、太平洋を一望できます。


P5020386.jpgP5020339.jpg
州崎神社の社号標と鳥居です。背後が御手洗山です。ちょうど鳥居の上に朝日が昇りました。


P5020342.jpg
随神門です。落ち着いた朱色です。


P5020345.jpgP5020347.jpg
随神門から続く厄祓坂です。右は厄祓坂の上からの眺めです。太平洋が望めます。


P5020351.jpg
拝殿です。拝殿右側には長宮(手前側)と金比羅宮(奥)です。


P5020353.jpg
本殿です。


P5020356.jpg
本殿横です。三間社流れ造りで、落ち着いた朱色が特徴的です。


P5020352.jpgP5020359.jpg
左は拝殿に揚げられていた額です。右は本殿左側の稲荷神社です。


P5020361.jpgP5020363.jpg
左は境内の様子です。ソテツが南国の雰囲気を出しています。右は富士遙拝場からの眺めです。残念ながら富士山は見えませんでしたが、雄大な太平洋が望めました。


P5020374.jpgP5020377.jpg
左は浜の鳥居です。鳥居から富士山が望めるそうですが、残念ながら見えませんでした。右は浜鳥居近くにある御神石です。丸みを帯びた石で、竜宮から洲崎大明神に奉納された2つの石とされ、もう1つは対岸の三浦半島にある安房口神社に祀られています。安房口神社の石は口を開いていることから「阿形」を、洲崎神社のものは裂け目の様子から「吽形」とされ、2石で東京湾の入り口を守っていると伝えられています。


P5020382.jpg
浜の鳥居側から見た御手洗山です。中腹に富士遙拝場にある富士見鳥居(白色)が見えます。


20160502州崎神社御朱印.jpg
御朱印は書き置きでした。




・安房神社
・旧社格:官弊大社・名神大
・安房国一宮
・参拝日:2016年5月2日

房総半島最南端部の吾谷山(あづちやま)山麓に鎮座します。伝承では、神話時代に阿波地方から渡ってきた忌部氏(いんべうじ)による創建といい、「安房」の国名・社名はこの阿波忌部の移住・開拓から起こったといわれています。御祭神は、上の宮には天太玉命(あめのふとだまのみこと)、下の宮には天太玉命の孫神である天富命(あめのとみのみこと)と兄弟神である天忍日命(あめのおしひのみこと)が祀られています。創建は神武天皇が即位した皇紀元年(紀元前660年)と伝わっており、2600年以上の歴史を誇る古社です。


P5020445.jpgP5020414.jpg
安房神社の社号標と鳥居です。安房神社の鳥居はすべて白でした。


P5020417.jpgP5020440.jpg
緑に覆われた境内で、整った雰囲気を感じます。一段上がったところに上の宮の拝殿です。拝殿前の大きな岩には厳島社が祀られています。


P5020419.jpg
上の宮の拝殿正面です。拝殿は鉄筋コンクリート造りでした。


P5020423.jpg
本殿です。


P5020428.jpg
本殿横からです。


P5020421.jpgP5020425.jpg
左は拝殿内に揚げられていた額です。右は本殿左側の御仮屋です。例祭の時、9基の神輿を安置する場所です。


P5020431.jpgP5020424.jpg
左側は神饌所(しんせんじょ)です。右側は境内にあった意味ありげな穴です。説明はありませんでした。


P5020433.jpgP5020432.jpg
左は御神木の槙です。右は下の宮への参道です。岩が削られていました。


P5020434.jpgP5020436.jpg
下の宮です。御祭神は、天富命(房総開拓の神)と天忍日命です。


20160502安房神社御朱印.jpg
匠総祖神の朱印が押されています。



タグ:州崎神社
posted by 五郎太夫 at 15:22| Comment(0) | 安房
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: