2014年12月30日

伊勢神宮(新嘗祭)

今年は式年遷宮の翌年の「おかげ年」で、特別なご利益を授かるとされています。早朝から外宮を参拝したのですが、たまたま新嘗祭の日で、外宮正宮で奉幣の儀、内宮忌火屋殿で大御饌の儀を見学することが出来ました。

・外宮
2014年11月23日


PB230393.jpg
外宮表参道の燈籠越しの日の出です。時刻は6時59分。


PB230400.jpg
朝日が表参道の鳥居の周りを照らしていきます。


PB230408.jpg
新しい御正殿の屋根も朝日に照らされ、輝き始めました。


PB230412.jpg
正宮前に着いたとき、正宮から日別朝夕大御饌祭?の一行が出てこられました。


PB230419.jpg
正宮前です。多くの方が門の横から中を見学しており、中では奉幣の儀が執り行われていました。祭主の池田厚子さんはじめ神職さんは、砂利の上に筵をひいただけの上に正座されており、大変そうでした。厳かな祭祀で写真が撮れないのが残念でした。


PB230438.jpg
奉幣の儀が終わり、退場される様子です。勅使を先頭に、池田祭主、鷹司大宮司と続きます。思わず貴重な経験となりました。


PB230452.jpgPB230454.jpg
別宮の風宮です。新嘗祭のためか稲穂が懸けられていました。


PB230455.jpgPB230460.jpg
別宮の土宮です。こちらにも稲穂が懸けられています。


PB230471.jpg
多賀宮が祭祀中とのことで参拝できず、外宮内をうろうろしました。古殿地越しの正宮です。


PB230479.jpgPB230486.jpg
8時30分頃から多賀宮参拝可能となりました。多賀宮に向かう階段では正面から朝日が差し込んでいました。右は朝日に輝く多賀宮です。

PB230490.jpgPB230491.jpg
多賀宮には稲穂が懸けられていませんでした。古殿地越しの多賀宮です。


20141123伊勢神宮外宮御朱印.jpg
シンプルな御朱印です。



・内宮
2014年11月23日


PB220380.jpg
前日(11月22日)の宇治橋前の鳥居です。20時頃の撮影ですが、まったく人気がありませんでした。


PB230497.jpg
外宮からタクシーで内宮に向かいました。運転手さんの話では、今日(23日)は鳥居から昇る朝日を撮るため宇治橋前にカメラマンが大勢いたとのことでした。少し遅くなりましたが、朝日に輝く鳥居を撮ってみました。時刻は9時24分。


PB230506.jpgPB230508.jpg
左は宇治橋内側の鳥居です。右は神苑横の参道です。


PB230514.jpg
齋館の門が開いていました。


PB230521.jpg
五十鈴川の御手洗場です。五十鈴川に映る紅葉が綺麗です。


PB230530.jpg
御手洗場で写真を撮っていると参拝者が整列し始め、祭主の池田厚子さんが自動車で入場されました。自動車で鳥居を潜る珍しい写真と思います。


PB230543.jpg
忌火屋殿前には御饌の箱がたくさん並べられていました。


PB230549.jpg
内宮正宮前です。新しい社殿が瑞々しいです。


PB230559.jpg
正宮から御稲御倉に向かう途中で、陽に輝く正殿の屋根を見ることが出来ます。


PB230567.jpgPB230569.jpg
荒祭宮です。荒祭宮にも稲穂が懸けられていました。


PB230571.jpgPB230576.jpg
左は荒祭宮の古殿地への石段です。右は神楽殿です。


PB230577.jpg
風日祈宮に向かう参道です。風日祈宮橋を渡って参拝します。


PB230584.jpgPB230586.jpg
風日祈宮です。新旧の社殿が並んでおり、鰹木が印象的です。


PB230593.jpg
風日祈宮を参拝して参道に戻ってくると、大御饌の儀に向かう神職の列に遭遇しました。先頭は鷹司大宮司と思います。一列に並んだ神職の列はなかなかの迫力です。


PB230599.jpg
忌火屋殿前で大御饌の儀が執り行われました。貴重な体験でした。


PB230617.jpgPB230621.jpg
左は宇治橋近くの大山祇神社と子安神社です。右は宇治橋内側の鳥居です。白木が眩しいです。


20141123伊勢神宮御朱印帳.jpg
前日(22日)に神宮会館で遷宮記念の御朱印帳を購入しました。綺麗な水色です。


20141123伊勢神宮内宮御朱印.jpg
こちらもシンプルな御朱印です。

posted by 五郎太夫 at 19:01| Comment(0) | 新嘗祭
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: