2013年08月10日

但馬(兵庫県)


但馬の参拝神社へのリンク
・出石神社(豊岡市 )
・竹田城址(朝来市 )
・粟鹿神社(朝来市 )
・養父神社(養父市 )




・出石神社
旧社格:国幣中社・名神大社
但馬一宮


P7211019.jpg
出石神社の一ノ鳥居と社号標です。鳥居をくぐると石灯籠の参道が続きます。


P7210988.jpg
二ノ鳥居と神門です。鳥居の扁額には「一宮」と書かれています。


P7210991.jpg
朱の神門です。神門の脇には、平安時代の旧鳥居の名残が置かれています。


P7211005.jpg
拝殿です。大きく重厚な建物です。拝殿の屋根が独立しており、変わった形です。


P7210995.jpgP7210996.jpg
拝殿脇に据えられた、木彫りの狛犬です。うつむき加減で可愛い顔をしています。


P7210997.jpg
拝殿から中門、本殿です。重厚な建物です。


P7211000.jpg
本殿の横からの眺めです。緻密な飾りが彫刻されています。


P7211010.jpg
本殿右手奥にある禁足地です。緑が濃いです。


P7211012.jpgP7211015.jpg

鬱蒼とした禁足地の前で、家内と何か出てきそうだねと話していたら、突然、狸?が現れました。興味深そうに可愛い顔でこちらを見ていましたが、何故か写真には顔が上手く写りませんでした。昼間に野生の狸が姿を見せることは珍しく、不思議な縁を感じました。


20130721出石神社御朱印.jpg
社名の朱印は独特の字体です。右上の但馬一宮の朱印も変わっています。




・竹田城址
粟鹿神社の近くにある掛田城址に寄り道しました。日本のマチュピチュと呼ばれる山頂の城です。想像以上に大きな遺構で驚きました。秋には有料になるそうです。
P7210868.jpgP7210905-1.jpg



・粟鹿神社
旧社格:県社・名神大社
但馬一宮


P7210942.jpg
粟鹿神社は但馬国随一の古社であり、2000年以上の歴史があるとも言われています。但馬一宮は出石神社と、粟鹿神社の二社とされています。道路脇から斜めに入るように鳥居が立っています。


P7210944.jpg
参道を進むと、手前に勅使門、奥に日の出門があります。境内は白壁の土塀に囲まれ、独特の雰囲気です。


P7210949.jpg
日の出門です。古い建物ですが、均整が取れ威厳のある佇まいです。


P7210951.jpg
境内全景です。それほど広くはありませんが、木々に囲まれ神聖な空気に包まれているようです。左手には相撲の土俵があります。


P7210954.jpg
拝殿正面です。こちらも古い建物ですが威厳があります。


P7210958.jpg
拝殿と本殿です。独特の雰囲気があります。


P7210960.jpgP7210957.jpg

境内社の天満宮(左側)と茗荷神社(右側)です。天満宮の前には砲弾のような変わった石が据えられています。粟鹿神社の神紋の茗荷はこの神社に由来するそうです。


20130721粟鹿神社御朱印.jpg
神紋の「抱き茗荷」と社印はもの凄く繊細です。墨書とのバランスが素晴らしいと思います。




・養父神社
旧社格:県社・名神大社
但馬三宮


P7210965.jpg
参道から望む境内です。手水舎、神門、拝殿です。緑に包まれた境内です。


P7210966.jpg
鳥居前です。階段上に神門が見えます。


P7210967.jpg
境内奥に拝殿です。


P7210978.jpgP7210977.jpg
拝殿前の狛犬です。独特の形でちょっとコミカルです。

P7210981.jpg
本殿屋根です。檜皮葺で趣があります。色付の鬼瓦が珍しいです。


P7210973.jpg
本殿右奥にある山野口神社です。周りと空気が違い、何か圧力のようなものを感じます。


20130721養父神社御朱印.jpg
細筆でサラサラと書かれています。

posted by 五郎太夫 at 16:13| Comment(0) | 但馬
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: