2016年01月11日

近江編(滋賀県)


近江の参拝神社へのリンク
・多賀大社(犬上郡多賀町)
・日吉大社(大津市)
・建部大社(大津市)
・太郎坊・阿賀神社(東近江市)
・沙沙貴神社(近江八幡市)
・日牟礼八幡宮(近江八幡市)
・兵主神社(野洲市)
・御上神社(野洲市)
・近江神宮(大津市)
・海津天神社(高島市)
・藁園神社(高島市)
・藤樹神社(高島市)
・白髭神社(高島市)
・川裾宮唐崎神社(高島市)




・建部大社
旧社格:官幣大社・名神大社
近江一宮


P5250150建部大社鳥居.jpg
鳥居からの参道です。奥に神門が見えています。瀬田の街中ですが、静かなお社です。


P5250154建部大社拝殿.jpg
拝殿と御神木の三本杉です。境内の砂は綺麗に手入れされており、歩くのが申し訳ない程でした。


P5250155建部大社本殿.jpg
本殿(左側)と権殿(右側)です。本殿と権殿の地下には免震装置が設置されているそうで、時代を感じます。


P5250156建部大社本殿を臨む.jpg
本殿、権殿前の拝所です。華やかな雰囲気です。


20130525建部大社御朱印.jpg
朱印と墨書の書体が良く合っていて、流麗な御朱印と思います。素晴らしい。




・日吉大社
旧社格:官幣大社・名神大社
近江二宮


P5250179日吉大社西宮鳥居.jpg
日吉神社の象徴の山王鳥居です。緑の中に赤い大鳥居が目立ちます。階段も山形?になっています。


P5250176日吉大社東宮神門.jpg
東本宮参道と楼門です。深い森の中に大きな楼門が現れます。


P5250177日吉大社東宮拝殿.jpg
東本宮の境内です。大きな建物が重なるように建っていました。


20130525日吉大社御朱印.jpg
参拝時間が遅かったため、西本宮の社務所で総本宮の御朱印のみを頂きました。お猿の朱印が面白いです。



・再参拝
参拝日:2016年1月2日
P1020068.jpgP1020069.jpg
ぽかぽか陽気に誘われて、干支の猿が神使の日吉大社に初詣に行ってきました。大宮川観光駐車場に車を止めて、まずは東本宮に向かいます。右は参道にある猿の霊石です。確かに猿の顔に見えます。


P1020071.jpg
東本宮の楼門です。


P1020073.jpgP1020074.jpg
左は楼門を入ったところです。正面に舞殿、左に樹下宮です。右の写真は樹下宮の正面です。


P1020082.jpg
東本宮本殿です。国宝です。


P1020086.jpg
舞殿越しに楼門を望みます。


P1020087.jpgP1020088.jpg
本殿の狛犬です。


P1020090.jpg
東本宮本殿正面です。御祭神は大山咋神です。


P1020083.jpgP1020096.jpg
雌梛です。たくさんの実がなっています。


P1020109.jpgP1020112.jpg
左は白山宮です。右は白山宮から宇佐宮を望みます。


P1020114.jpgP1020118.jpg
左は宇佐宮下の滝です。右は宇佐宮です。


P1020128.jpgP1020161.jpg
左は西本宮拝殿前に据えられた神猿像です。右は西本宮の社殿です。


P1020131.jpg
西本宮拝殿正面です。御祭神は大己貴神です。


P1020142.jpg
西本宮本殿です。国宝です。神主さんが祈祷に向かわれるところです。


P1020138.jpg
西本宮楼門です。多くの参拝客で溢れています。


P1020153.jpgP1020154.jpg

P1020156.jpgP1020157.jpg
西楼門の棟持ち猿です。


P1020165.jpgP1020164.jpg
西本宮参道にある祇園石と大威徳石です。


P1020172.jpg
毛繕いする猿(まさる)です。


P1020180.jpgP1020181.jpg
「神輿庫」の中には七基の「山王神輿(みこし)」が保存されています。(右の写真はその内の一つ、宇佐宮の御輿です)


P1020174.jpg
山王鳥居です。


P1020105.jpgP1020106.jpg
天気が良かったので、八王子山の奥宮に参拝することにしました。登り口にある三宮宮と牛尾宮の遙拝所です。


P1020186.jpgP1020197.jpg
急な石段が延々と続きます。急勾配で相当疲れます。30分程登り続けます。


P1020199.jpg
やっと三宮宮と牛尾宮が見えてきました。


P1020234.jpgP1020210.jpg
三宮宮(左)と牛尾宮(右)の間の石段を登りきると金大巌があります。この岩が日吉大社の始まりの場所とされています。


P1020209.jpg
金大巌前からの眺めです。坂本の町と琵琶湖が綺麗に見えます。


P1020213.jpg
金大巌横から、八王子山頂に登れます。牛尾宮屋根越しの琵琶湖です。


P1020214.jpg
八王子山頂です。標高381mです。


P1020227.jpg
奥宮から朱い鳥居が見えました。奥宮に向いているようです。


P1020252.jpgP1020253.jpg
下山後、鳥居側から奥宮を見てみました。やはり正面に奥宮が望めます。


20160102日吉大社御朱印.jpg20160102日吉大社西本宮御朱印.jpg

20160102日吉大社東本宮御朱印.jpg20160102日吉大社樹下宮御朱印_0001.jpg

20160102日吉大社宇佐宮御朱印.jpg20160102日吉大社白山宮御朱印.jpg

20160102日吉大社三宮御朱印.jpg20160102日吉大社牛尾宮御朱印.jpg

20160102日吉大社参拝券.jpg
参拝券も申年で「まさる」でした。




・多賀大社
旧社格:官幣大社・式内社
近江三宮


P5250002多賀大社鳥居.jpg
鳥居を通して太鼓橋、神門を臨みます。観光バスで、多くの参拝者が来ていました。


P5250008多賀大社境内.jpg
境内全景です。緑に囲まれた広い境内ですが、良く整備され凛とした空気が漂います。


P5250011.jpg
結婚式の写真撮影をしていました。お社に良く合います。お幸せに。


P5250023多賀大社境内.jpg
拝殿から本殿に至る眺めです。屋根の重なりが美しいです。


20130525多賀大社御朱印.jpg
シンプルですが、朱印も墨書もバランス良く、綺麗な御朱印です。



・再参拝
参拝日:2016年1月1日
P1010024.jpg
2016年元旦は雪もなく穏やかな日でした。多賀大社は鳥居から初詣の人が列を作っていました。


P1010027.jpg
太鼓橋から鳥居を振り返っています。太陽が眩しい。


P1010028.jpg
神門から拝殿を望みます。


P1010045.jpg
拝殿に向かう行列です。


P1010007.jpg
拝殿前の様子です。凄い人混みです。


P1010012.jpg
本殿前にはたくさんの御神酒が供えられていました。


P1010051-1.jpg20160101多賀大社御朱印.jpg
今年は暖かく、焚き火はあまり必要ありませんでした。左は焚き火越しに霞む拝殿です。右は元旦の御朱印です。




・太郎坊・阿賀神社
旧社格:村社
通称 太郎坊宮


P5250074太郎坊宮全景.jpg
鳥居から太郎坊宮全域を撮影しました。赤神山の中腹に社殿が建っています。

P5250058太郎坊宮境内.jpg
太郎坊宮境内です。岩山に張り付くように社殿が建っています。


P5250062太郎坊宮本殿下.jpg
本殿下から見上げています。山の断崖に石を積み上げて造られており、信仰の厚さと苦労が偲ばれます。


P5250064太郎坊宮一願成就社.jpg
一願成就社で、近くの高校剣道部がお百度詣りをしていました。太郎坊宮は勝運の神様です。願いが届くと良いですね。帰りはランニングで下山ですかね。


20130525阿賀神社・太郎坊宮御朱印.jpg
拝殿の若い神官さんに頂きました。時間をかけて非常に丁寧に書いていただきました。通称の太郎坊宮のみで、阿賀神社は朱印も墨書もありませんでした。




・沙沙貴神社
旧社格:県社・式内社


P5250076沙沙貴神社鳥居.jpg
佐々木源氏の氏神だそうです。鳥居をくぐって参道を進むと、直角に曲がって楼門が現れます。


P5250082沙沙貴神社神門.jpg
立派な楼門です。県指定の重要文化財です。


P5250085沙沙貴神社拝殿.jpg
拝殿正面です。神紋は「七つ割四つ目結」というそうで、瓦、賽銭箱などに据えられていました。


20130525沙沙貴神社御朱印.jpg
社名がスタンプでした。朱印、神紋がカッコ良いだけに少し残念です。




・日牟礼八幡宮
旧社格:県社


P5250097日牟礼八幡宮神門.jpg
お宮前は多くの観光客と自動車で溢れていました。入口の楼門です。大急ぎで参拝しました。


P5250098日牟礼八幡宮拝殿.jpg
拝殿正面です。境内は参詣者もまばらで、落ち着いた雰囲気です。


P5250102日牟礼八幡宮本殿.jpg
本殿に直接参拝できます。本殿は綺麗に装飾されていました。


20130525日牟礼八幡宮御朱印.jpg
可愛い朱印です。奉拝が大きく、全体のバランスをとっているようです。




・兵主大社
旧社格:県社・名神大社


P5250118兵主大社神門.jpg
兵主大社の楼門です。参詣路を間違えて裏手から境内に入ったため、境内側からの眺めです。

P5250119兵主大社拝殿.jpg
大きく立派な拝殿です。屋根の重なりが特徴的です。


P5250113兵主大社神紋.jpg
拝殿の賽銭箱に据えられている神紋です。「亀甲に鹿角」というそうです。


P5250122兵主大社亀と鹿.jpg
本殿前を鹿と亀が守っているようです。神紋の由来のようです。


P5250120兵主大社庭園.jpg
国指定名勝の庭園です。赤い祠が印象的な静かなお庭です。


20130525兵主神社御朱印.jpg
神紋と朱印が素晴らしいです。社名がスタンプではなく墨書であれば完璧なのに。




・御上神社
旧社格:官弊中社・名神大社


P5250129御上神社神門.jpg
御上神社の楼門です。立派です。


P5250139御上神社本殿(国宝).jpg
国宝の本殿です。鎌倉時代建立とのことですが、しっかりした建物です。素晴らしい。


P5250133御上神社神紋.jpg
賽銭箱に据えられた神紋です。「違い釘抜」というそうです。


P5250148三上山.jpg
近江富士と呼ばれる三上山です。鳥居横からの眺めです。緩やかな山と田んぼの緑で癒やされる風景です。


20130525御上神社御朱印.jpg
しっかりした墨書です。奉拝が神紋に完全に重なってしまったのが惜しい。




・近江神宮
旧社格:官弊大社


P5250166近江神宮.jpg
近江神宮の楼門です。鮮やかな朱色が眩しいです。


P5250164近江神宮外拝殿.jpg
朱色の楼門を抜けると、階段上に重厚な外拝殿が迫ってきます。


P5250170近江神宮拝殿.jpg
外拝殿から見た拝殿です。左右を回廊で囲まれた均整のとれた優美な建物です。


P5250172近江神宮本殿を臨む.jpg
回廊、拝殿の間から社殿の屋根が覗いています。


20130525近江神宮御朱印.jpg
夕方の参拝で境内の朱印所は既に閉まっていましたが、お宮の後片付けをしていた方に朱印を押していただき、墨書は別途社務所でいただきました。親切な皆さんのおかげの御朱印です。




・海津天神社
旧社格:郷社


P6080477海津天神社鳥居.jpg
鳥居から舞殿を臨みます。海津天神社は学問の神様です。


P6080479海津天神社社殿.jpg
一段高いところに社殿が並んでいます。真ん中が天満宮で、多くの受験生の絵馬が奉納されていました。左側が小野社、右側が大鍬社の摂社です。御神木に瓢箪が飾られているのが不思議です。


20130608海津天神社御朱印.jpg
シンプルな御朱印です。墨書は達筆と思います。




・藁園神社
旧社格:村社


P6080503藁園神社鳥居.jpg
鳥居から舞殿を臨みます。境内は綺麗に整備されています。


P6080505藁園神社社殿.jpg
社殿です。拝所から正面に本殿を見ることができます。


P6080504藁園神社なまずまつり.jpg
藁園神社は「なまずまつり」で有名だそうです。境内になまずの像がありました。

20130608藁園神社御朱印.jpg

シンプルな御朱印です。宮司さんのお宅に伺い、若い娘さんに書いていただきました。




・籐樹神社
旧社格:県社


P6080514藤樹神社二の鳥居.jpg
藤樹神社の二の鳥居と舞殿です。藤樹神社は江戸初期の儒学者で「日本陽明学の祖」といわれる中江藤樹ゆかりの神社です。境内は綺麗に整備されています。


P6080519藤樹神社社殿.jpg
社殿です。狛犬が独特で、四角い顔で上を向いています。


P6080515藤樹神社神紋.jpg
賽銭箱に据えられた神紋です。藤のデザインです。


20130608籐樹神社御朱印.jpg
中江藤樹記念館でいただきました。すべてスタンプですが、記念館の職員さんが慎重に一生懸命押してくれました。力が入りすぎて、神紋のところの紙が剥がれてしまい、2回頂くことになりました。




・白髭神社
旧社格:県社


P6080524白髭神社鳥居から拝殿.jpg
白髭神社は近江最古の神社だそうです。国道161号線沿いに鳥居があります。鳥居越しの拝殿です。


P6080526白髭神社本殿.jpg
拝殿から本殿です。大きな本殿です。


P6080527白髭神社摂社.jpg
本殿の裏山には多くの摂社が祭られています。


P6080534白髭神社湖中の鳥居.jpg
白髭神社の象徴である、琵琶湖にある大鳥居です。参拝日は天気が良く、琵琶湖の湖水も非常に綺麗でした。
湖畔から鳥居を眺めていると癒やされます。


20130608白髭神社御朱印.jpg
なかなかの達筆です。朱印とのバランスも完璧と思います。




・川裾宮唐崎神社
旧社格:村社


P6080553川裾宮鳥居.jpg
琵琶湖へ流れる、知内川と生来川、百瀬川に挟まれた場所にあるため川裾宮というそうです。鳥居から拝殿を臨みます。平地ですが緑に囲まれた神社です。


P6080493川裾宮本殿.jpg
川裾宮社殿です。拝所から本殿を正面に見ることができます。


P6080490川裾宮神紋.jpg
本殿扉に施された彫刻です。神紋と思われますが、太陽と月がそれぞれ雲から顔を出しているようです。
変わったデザインです。


P6080554知内川河口.jpg
社務所のご婦人に勧められて、知内川の河口に行ってみました。人工物が見えず、竹生島と伊吹山が遠くに臨めます。穏やかな湖面の波が時間の経つのを忘れさせます。大変気持ちの良い場所でした。尚、琵琶湖では伊吹山が見える北限だそうです。


20130608川裾宮・唐崎神社御朱印.jpg
社務所のご婦人に書いていただきました。午前中は留守だったので、午後もう一度訪ねました。サラサラと書かれていたのが印象的でした。

posted by 五郎太夫 at 16:00| Comment(0) | 近江
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: