2018年06月24日

因幡(鳥取県)


因幡の参拝神社へのリンク
・宇部神社(鳥取市)
・白兎神社(鳥取市)
・聖神社(鳥取市)




・宇部神社
・旧社格:国弊中社・名神大
・印旛国一宮
・住所:鳥取県鳥取市国府町宮下字一宮651
・TEL:0857-22-5025
・参拝日:2018年5月3日

P5030415.jpg
宇倍神社の後由緒書きです。クリックして拡大してください。


P5030448.jpgP5030446.jpg
社号標と二ノ鳥居です。緑が眩しいです。


P5030430.jpgP5030402.jpg
参道の階段に「吠える鳥取犬」の幕が張られていました。なかなかうまい。境内では結婚式が執り行われていました。お幸せに。


P5030410.jpg
拝殿正面です。大変整った印象です。


P5030411.jpgP5030412.jpg
左は亀甲の社紋です。御祭神の武内宿禰命の長寿にあやかるものだそうです。右は拝殿に架かる額です。


P5030417.jpg
御本殿です。


P5030421.jpg
社殿全景です。均整のとれた建物です。本社殿は日本で初めての紙幣に描かれたそうです。


P5030425.jpgP5030432.jpg
左右からの社殿の眺めです。


P5030433.jpgP5030443.jpg
拝殿後方の亀金山と双履石(そうりせき)です。武内宿禰命が昇天された場所とのことです。


P5030441.jpg
亀金山からの社殿を望みます。なかなか神社を上から眺めることは出来ないと思います。


20180503宇倍神社御朱印.jpg




・白兎神社
・旧社格:村社
・住所:鳥取県鳥取市白兎603番地
・TEL:0857-59-0047
・参拝日:2018年5月3日

P5030367.jpgP5030377.jpg
因幡の白ウサギの伝説が残る白兎海岸です。当日は風が強く、大きな白波が立っていました。


P5030350.jpg
白兎神社の後由緒書きの看板です。クリックして拡大してください。


P5030361.jpgP5030340.jpg
白兎神社の参道は道の駅から始まります。社号標と鳥居です。


P5030341.jpgP5030359.jpg
参道脇には鳥取らしく砂像が造られていました。参道の後方には日本海が望めます。


P5030344.jpgP5030343.jpg
左は参道脇にある御身洗池(みたらしいけ)です。傷ついた白兎が体を洗った池と伝えられています。右は手水舎です。ウサギが据えられています。


P5030355.jpg
拝殿正面です。


P5030345.jpgP5030347.jpg
御本殿です。


P5030357.jpgP5030349.jpg
左は社殿全景です。右は本殿の土台に使われている菊座石です。28弁の菊の紋章が彫刻されています。


20180503白兎神社御朱印帳.jpg
白兎神社の御朱印帳です。月とウサギがデザインされています。


20180503白兎神社御朱印.jpg
ウサギの朱印が押されています。




・聖神社
・旧社格:郷社
・住所:鳥取県鳥取市行徳2丁目
・TEL:0857-22-6398
・参拝日:2018年5月3日

鳥取市の中心市街地にある聖神社は、商店街の大半を氏子にし、氏子たちによる盛大な神幸行列が行われることで有名で、市民からは「ひじりさん」と呼ばれて親しまれています。江戸時代初期(宝永7年/1710)に再建された御本殿は県指定保護文化財に指定されており、細部にわたって種々の彫刻が施されています。御祭神は邇邇藝命、日子穂穂手見命、事代主神の三柱です。


P5030388.jpg
聖神社の社号標と鳥居です。


P5030387.jpg
拝殿正面です。


P5030385.jpg
御本殿と社殿です。


P5030393.jpgP5030392.jpg
左は拝殿に挙げられた額です。青色が目を引きます。右は拝殿側からの社殿です。


P5030395.jpgP5030397.jpg

P5030398.jpg


P5030400.jpgP5030399.jpg
御本殿床下の干支の彫刻です。案内板に従い干支を探しました。


20180503聖神社御朱印.jpg



posted by 五郎太夫 at 17:15| Comment(0) | 因幡

石見(島根県)


石見の参拝神社へのリンク
・物部神社(大田市)
・衣毘須神社(益田市)




・物部神社
・旧社格:国弊小社・式内社
・石見国一宮
・住所:島根県大田市川合町川合1545
・TEL:0854-89-9090
・参拝日:2017年7月16日

物部神社は石見国一宮であり勝運・鎮魂之宮として崇敬されています。御祭神は一羽の白鶴に乗って川合の里に降臨された古代豪族物部氏の御祖神・宇摩志麻遅命(うましまじのみこと)です。神紋は赤い太陽を背負った鶴の「日負鶴(ひおいづる)」です。社伝によると宇摩志麻遅命は、神武天皇の大和平定を助けた後、一族を率いて美濃国・越国を平定した後に石見国で歿したといわれており、宇摩志麻遅命は現在の社殿の背後にある八百山に葬られ、継体天皇8年(514年?)、天皇の命によって八百山の南麓に社殿が創建されたと伝えられています。宮中でも行われる鎮魂祭を行うことで、石上神宮および彌彦神社と共に有名です。


P7160773.jpgP7160776.jpg
左は社号標と鳥居です。右は物部神社の案内板です。


P7160774.jpg
鳥居の奥に拝殿、御本殿の屋根です。


P7160778.jpgP7160780.jpg
手水舎です。『含金石』とよばれる砂金を含んだ珍しい石です。5つの曲玉「浄の曲玉」「勝の曲玉」「財の曲玉」「健の曲玉」「徳の曲玉」が彫られており、それぞれ撫でて祈願します。


P7160777.jpg
拝殿正面です。


P7160784.jpgP7160783.jpg
拝殿に挙げられた額と拝殿に掛けられた帷です。神紋の日負鶴が染められています。


P7160799.jpg
御本殿です。島根では出雲大社に次ぐ大きな本殿です。正面に亀が彫られています。


P7160790.jpgP7160802.jpg
左右からの御本殿です。


P7160794.jpg
御本殿には菊が彫刻されています。皇室から菊の紋の使用を許されているそうです。


P7160798.jpgP7160788.jpg
左は拝殿右手の祓所です。鶴が飾られています。右は御腰掛岩です。宇摩志麻遅命が天下った祭に腰掛けられたと伝えられています。


P7160789.jpgP7160792.jpg
左は本殿左手の皇祖四代社です。右は稲荷社です。


P7160795.jpgP7160801.jpg
左は天神社と柿本社、右は後神社です。


P7160807.jpgP7160805.jpg
左は木の根が凄い形になっていました。右は恵比寿神社です。


P7160804.jpg
社伝全景です。森に囲まれたすがすがしい雰囲気の神社です。


20170716物部神社黒柿御朱印帳.jpg
黒柿の御朱印帳です。以前から黒柿に興味があったのですが、御朱印帳になっており衝動買いしました。


20170716物部神社御神饌.jpg
社務所でいただいた御神饌の包み紙です。神紋がかっこいいです。


20170716物部神社御朱印.jpg
日負い鶴の神紋が押されています。




・衣毘須神社
・山陰のモンサンミッシェル
・住所:島根県益田市小浜町宮ヶ島
・TEL:0856-22-7120
・参拝日:2018年5月2日

P5020274.jpg
衣毘須神社の案内板です。クリックして拡大してください。


P5020238.jpgP5020239.jpg


P5020270.jpgP5020242.jpg
日本海を望む小浜海岸の先にある宮ヶ島に衣毘須神社は鎮座しています。潮の満ち引きにより島に通じる砂浜が現れ、そこを歩いて行くことができます。参拝当日は結構な雨でしたが無事渡ることが出来ました。


P5020244.jpg
岩礁を巡る参道と頂上の社殿が印象的です。


P5020248.jpg
頂上の拝殿です。


P5020250.jpgP5020251.jpg
左は境内の様子です。右は境内から小浜港方向を望みます。海の色が深いです。


P5020256.jpgP5020263.jpg
左は二の鳥居から岩礁を望みます。奥に「猫島」が望めます。右は一の鳥居に打ち寄せる波です。


P5020276.jpg
1960年に東山魁夷は宮内庁から依頼され、海の美を求めて旅に出て、小浜海岸に出会い「朝あけの潮」という大作を完成させました。これは猫島から衣毘須神社方向を描いたものだそうです。猫島付近からの眺めです。


P5020275.jpg
猫島です。スフィンクスのようです。衣毘須神社には御朱印はありませんでした。



タグ:物部神社
posted by 五郎太夫 at 14:21| Comment(0) | 石見

2018年06月17日

備後(広島県)


備後の参拝神社へのリンク
・素盞嗚神社(福山市)
・吉備津神社(福山市)




・素盞嗚神社
・旧社格:県社・式内社
・備後国一宮
・住所:広島県福山市新市町大字戸手1-1
・TEL: 0847-51-2958
・参拝日:2018年5月1日

御由緒書き
P5010182.jpg
写真をクリックして拡大してください。


P5010181.jpgP5010180.jpg
素盞嗚神社の鳥居と随神門です。


P5010168.jpgP5010167.jpg
神楽殿とその前の銀杏です。


P5010169.jpg
拝殿です。


P5010172.jpgP5010174.jpg
御本殿です。


P5010171.jpgP5010177.jpg
左は蘇民神社・疱瘡神社です。茅の輪くぐり発祥だそうです。右は戸手天満宮です。


P5010178.jpgP5010166.jpg
左は境内にある相方城移築の城門です。右は社殿側から望む境内です。広々としています。


20180501素戔嗚神社御朱印.jpg
朱印に蘇民神社・疱瘡神社も書かれています。




・吉備津神社
・旧社格:国幣小社
・備後国一宮
・住所:広島県福山市新市町宮内400
・TEL: 0847-51-3395
・参拝日:2018年5月1日

御由緒書き
P5010187.jpg
写真をクリックして拡大してください。


P5010186.jpgP5010188.jpg
吉備津神社の大鳥居と下随神門です。参道の階段の上に上随神門があり、全国で唯一、随身門が2つある神社です。


P5010190.jpgP5010189.jpg
参道横の駐車場にある天然記念物の大公孫樹です。


P5010191.jpgP5010229.jpg


P5010230.jpgP5010232.jpg
参道右手にある櫻山神社です。桃太郎の石像が据えられています。


P5010193.jpgP5010195.jpg
石段の上に上随神門です。


P5010196.jpgP5010198.jpg
左は神楽殿です。さらに一段上がって拝殿です。


P5010223.jpgP5010224.jpg
本殿前の備前焼の狛犬です。


P5010199.jpg
御本殿です。国指定重文です。


P5010204.jpg
御本殿を右側から望みます。


P5010207.jpgP5010206.jpg
御本殿右手に摂末社が鎮座しています。厩戸皇子神社は珍しいと思います。


P5010210.jpgP5010212.jpg
本殿左手の参道を進むと一二神社、稲荷神社があります。右は参道に奉納されている桃太郎の像です。


P5010211.jpgP5010213.jpg
十二神社の参道には干支が据えられています。


P5010215.jpgP5010216.jpg
十二神社の拝殿と御本殿です。


P5010219.jpgP5010220.jpg
左は吉備津稲荷神社です。右は稲荷神社参道から望む多理比理神社と吉備津神社本殿です。


20180501吉備津神社御朱印.jpg20180501桜山神社御朱印.jpg



タグ:素盞嗚神社
posted by 五郎太夫 at 12:00| Comment(0) | サイトマップ